FXにおけるポジションの意味について解説!

  • ポジションって何?
  • ロングポジション・ショートポジションとは?
  • ポジション比率が確認できるFX会社はどこ?

というお悩みをお持ちの方も多いのではありませんか?

この記事では、ポジションとは?やポジション比率など詳しく紹介します。
具体的な流れは、以下の通りです。

  • ポジションとは
  • ロングポジション・ショートポジションとは
  • ポジション比率を確認できるFX会社

ポジション比率を確認することにより、売り注文と買い注文が貯まっている場所が分かり将来の価格が予測しやすくなるため、取引にお役立てください。

ポジションとは?

FXにおけるポジションとは、ある通貨を買っている状態や売っている状態のことです。
例えば、たった今買い注文を発注したとします。

決済するまでは、買いポジションを保有している状態ということになるのです。

売り注文を発注した際も同様で、決済するまでは売りポジションを保有している状態になります。

このようにポジションとは、ある通貨を買っている又は売っている状態という意味なのです。

ポジションの保有期間はない

株の信用取引や商品先物取引を経験している方ならポジションの保有期間が気になると思いますが、FXではポジションの保有期間は存在しません。

つまり、自分で決済注文やロスカットされない限りは永久にポジションを持ち続けることになります。

ポジションの保持上限(持高制限)はある

ポジションの保有期間はありませんが、FX各社の各通貨ペアでポジションの保持上限(持高制限)が決められています。

ポジションの保持上限とは、その通貨ペアで発注できる最大取引量のこと。
FX各社の通貨ペアごとに、最大取引量が異なります。

通貨ペアごとに最大取引量が決められているため、覚えておきましょう。

ロングポジション・ショートポジションとは?

ロングポジションは買い注文のことであり、ショートポジションは売り注文のことです。

ロングポジションを保有しているということは、ポジションを保有しているレートから価格が上がると利益が出て下がると損失となります。

ショートポジションは、ポジションを保有しているレートから下がると利益が出て上がると損失となります。

このようにFX取引では、空売り(持っていないものを売ること)でも利益を出すことができるのです。

FX会社によってはポジション比率を確認できる

株取引は、出来高を見て取引する方も多いと思いますが、FXでは出来高は見られませんが、代わりにポジション比率というものを確認することができます。

ポジション比率とは、トレーダーが保有しているポジション比率のこと。
つまり、現在買いが多いのか売りが多いのかが一目でわかるのです。

買いや売り注文がどちらに溜まっているのかを確認できれば、将来どちらに価格が動くのか予想しやすいですよね。

ポジション比率を確認しながら為替相場を分析すれば、将来の価格が予想しやすく取引の勝率も上がっていくでしょう。

以下で、ポジション比率が無料で確認できる、おすすめのFX会社を詳しく紹介します。

ポジション比率を確認できるおすすめのFX会社

ポジション比率を確認できるおすすめのFX会社は、次の通りです。

  • トレイダーズ証券「みんなのFX」
  • OANDA Japan

それぞれ詳しく紹介します。

トレイダーズ証券「みんなのFX」

トレイダーズ証券が提供するFX取引サービス「みんなのFX」は、女優の鈴木奈々さんをイメージキャラクターとして起用し、抜群の知名度を誇ります。

特にスワップポイントの高さに定評があり、トルコリラやメキシコペソを取引する方からは人気を集めています。

また自動売買サービス「みんなのシストレ」では、自分の代わりに取引を行ってくれるサービスもあります。経済ニュースや相場動向など取引に役立つ最新情報も満載であり、スワップ取引を行う方にはピッタリのFX会社です。

OANDA Japan

OANDA Japanは、世界各地に拠点を持つグローバル会社であり、取引高も世界で14位と世界的にも実績のあるFX会社です。

OANDA Japanが提供するFXサービス「OANDA FXラボ」では、海外の為替情報も知ることができ、他社にはない情報を無料で取得することができます。

パソコン版・タブレット版・スマホ版と、取引ツールも充実しています。
また、教育システム「オアンダエデュケーション」では、コンテンツやセミナーが豊富にあり、初心者からでもプロトレーダーを目指せる環境です。

海外の為替情報や取引を上達させたい方には、ピッタリのFX会社です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました