バイナリーオプション初心者が勝ち組になるための勉強方法

バイナリーオプションを初めてみたのは良いものの、まずは何から手を付けていいか分からないし、何を勉強すればいいのか分からないよ…

バイナリーオプションを始めたばかりの方なら多くの方が、こういった悩みを抱えていると思います。

実際に私自身もも何から手をつけていいか分かりませんでしたし、正直ここで行き詰まる方も少なくはないかと思います。

今回はこういった悩みを持った方に対して、私がバイナリーオプションを初めてから行った勉強方法を徹底解説していきます。

  • バイナリーオプションを初めてみたはいいものの、何から手を付けるべきか分からない
  • 勉強する方法が分からない
  • 勉強してもいつから実践に入っていいか分からない

上記の内容に当てはまる方は必見です。

バイナリーオプション初心者が辿るべきステップ

  1. まずは為替用語を覚える
  2. 有名なトレーダーを参考にするべき
  3. 本などの書籍で勉強する

こちらの内容を詳しく深堀りして見ていきましょう。

まずは為替用語を覚える

何事も専門用語です。

バイナリーオプションを始めたとは言え、これから色々な用語と触れ合う機会が増えていきます。

そんな時に、知らない用語が出てきたら勉強の効率が悪くなり、勉強する時間というのも通常の2倍3倍とかかってきます。

これでは勉強をするに当たって効率が悪すぎますね。
まずは簡単な用語から覚えるといいでしょう。

ある程度知識が付くと、関連的な単語も自然と覚えているようになるので、それまで頑張りましょう。

有名なトレーダーを参考にするべき

バイナリーオプションやFX、アフィリエイタ―やブロガーの世界など、様々なジャンルにおいて必ず実績を出している方というのは存在します。

正直、結果を出している方を参考にして勉強するのが一番の勉強法かなとも思います。

本などの書籍で勉強する

結論から言いますと、本などの書籍で勉強するのも効果的です。

空いた隙間時間に本とノートを手にカフェや図書館などで勉強してみましょう。

しかし、どんな本を読めばいいか分からないし、本を買ったとしても為にならなければ意味ないと思うので

オススメの本を2冊ピックアップしました。

バイナリーオプション超入門「上か」「下か」を選んで待つだけのシンプル投資術

基本を学ぶのであれば、この本で十分でしょう。

タイトル通りの超入門書で、初心者の方に分かりやすいように図解もありとても理解しやすいです。

バイナリーオプションの概念からテクニカル分析など、全体的な知識の吸収としては素晴らしい1冊です。

〈相場に勝つ〉ローソク足チャートの読み方

ローソク足の形を覚えるのは勿論、ローソク足の形について何故このような形になったのかなど、相場心理を踏まえて説明してあるので、ローソク足を見ただけで心理状態が分かるようになります。

相場で勝ち抜くためには「ローソク足」はしっかり学んでいかないといけないので、ある程度、基礎的なことを覚えたらオススメの1冊です。

どのくらい勉強したら実践に入るべきか

答えから言うと、「どのくらい勉強したら」というのは無くて、勉強しながら学んだことを実践に活かしていくのがベストだと思います。

成長していく過程でとても大事になってくるのが、「インプット」と「アウトプット」です。

有名なトレーダーの情報発信やYouTube動画で学んだり、本などの書籍で学ぶということがインプットです。

では、次に実践に活かしていってアウトプットしていきましょう!という感じですね。

実践に入って、それで上手くいかないなぁと思ったら改善策を考え、更にインプットしてもう一度実践に活かすというアウトプットをするということが大事です。

本やYouTubeなどでインプットしたら、すぐ実践に活かす。
上手くいかなければ、改善策などを探し更にインプット、アウトプットを繰り返していく。

自分なりに勉強しつつ、実践し前進しよう

というわけで、今回はここらへんで終わりにします。

様々な勉強法がある中で、
とりあえず僕がバイナリーオプションを始めた頃に主によくやった勉強法を紹介しました。

結論大事なことは
「学んだことはすぐに実践に活かし、インプット、アウトプットを繰り返そう」ということです。

インプットとアウトプットを繰り返すことで、人は記憶に残りやすくなりますからね。

そして超初心者の方はまずは為替用語から勉強していくのがオススメです。
本やYouTubeなどを見つつ分からない用語があればメモを取っていって、最後に調べてもう一度見直していくと更に効果的です。

というわけで、バイナリーオプションを始めたらどんな勉強をすればいいか分からないと嘆いていた頃の自分のような人に届けばいいなと思い、記事に書いてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました