FX通貨ペアでおすすめは?取引レベルに合った通貨ペアランキング9選

「FXにおすすめの通貨って何ですか?また、初心者は何の通貨ペアで取引をしたほうが良いでしょうか?」

とお悩みをお持ちの方も多いのではありませんか?

FXの通貨ペアは数十種類以上あり、各通貨ペアによって値動きやボラティリティなどが異なります。

当然、初心者向けや上級者向けといった通貨ペアもあり、取引レベルに応じた通貨ペアを選ばなければFXで利益を上げることは難しくなります。

こで本記事では、月間1,000pipsを安定的に稼ぐ現役FXトレーダーが、

  • FX通貨ペアを選ぶ際のポイント
  • 取引レベルに合ったおすすめの通貨ペアランキング
  • 取引スタイル別のおすすめFX会社

という流れで、取引レベルに応じておすすめの通貨ペアを紹介します。

通貨ペア選びで悩むことは無くなり、さらに自分に合った通貨ペアを選び取引を行うことによりFXで失敗するリスクを抑えることもできます。

通貨ペア選びでお悩みの方は、是非本記事をご参考としてください。

【FXおすすめ通貨ペアの前に】FX通貨ペアとは

FXの通貨ペアとは、売買する2か国の通貨の組み合わせのことを指します。

FXでは、USD/JPYと表示されます。

「/」の左側が基軸通貨つまり購入する通貨であり、右側が支払う通貨となります。

USD/JPYであれば、ドルを円で購入するという意味です。

FXではたくさんの通貨ペアが存在し、さらにFX各社によって扱っている通貨ペアが異なります。

FX通貨ペアの仕組み

FX通貨ペアの仕組みは、2種類あります。

  • ドルストレート
  • クロス円

それぞれ詳しく紹介します。

ドルストレート

ドルストレートとは、米ドルが絡んだ通貨ペアのことを言います。

例えば、ドル円・ユーロドル・ポンドドルなどです。

世界の基軸通貨は、米ドルであり、米ドルを絡まない通貨ペアの取引はすべて米ドルに介して取引を行います。

例えば、ユーロ円であれば、円をドルに換えてそのドルからユーロを購入するという流れになります。

クロス円

クロス円は、米ドル以外の通貨と日本円を取引する通貨ペアのことを言います。

上記でも紹介しましたが、米ドル以外の通貨と円を取引するため、基本的に円で米ドルを購入しその米ドルで取引する通貨を購入します。

FX通貨ペアを選ぶ際のポイント3つ

どの通貨ペアで取引するのがおすすめ?と思う方のために、取引レベルに合った通貨ペアの選び方を紹介します。

ポイント①:FX初心者はボラティリティが低い通貨ペアを選ぶ
FX初心者の方は、ボラティリティが低い通貨ペアを選びましょう。

また、その際にボラティリティが低いだけではなく取引量の多さも確認する必要があります。

ボラティリティが低いとレンジ相場になり、かえって取引が難しくなります。

取引量が多ければ、相場が安定しトレンドも発生しやすくなるため、取引量が多くかつボラティリティが高すぎない通貨ペアを選ぶのがおすすめです。

ポイント②:FX中上級者はボラティリティが高い通貨ペアを選ぶ

FX中上級者はボラティリティが高い通貨ペアを選びましょう。

取引に自信があれば、なるべく利益を取れる通貨ペアで取引を行ったほうが、資金効率が良いからです。

中上級者になれば、リスクを許容した取引を行うことができると思うので、ボラティリティが高い通貨ペアを積極的に取引しましょう。

ポイント③:長期取引を行う方は高金利通貨を選ぶ

長期取引を行う方は高金利通貨を選びましょう。

なぜならば、スワップポイントがつくからです。スワップポイントは、2か国の通貨の金利差によって決まります。

例えば、トルコリラ円であれば、トルコリラの金利が約9%として日本円の金利が-0.1%のため、約10%の金利がつきます。

長期取引を行うのであれば、利益にも大きな差が出てくるため、より高金利な通貨ペアを選びましょう。

FX通貨の種類と特徴

ここでは、多くのFXトレーダーが使用している通貨ペアを紹介します。

通貨ペア 特徴
ドル 世界の基軸通貨です。注目度が高く取引量が№1であり、多くのトレーダーが取引している通貨ペアです。
ユーロ ドルに次ぐ第2の基軸通貨です。ECBの金融政策やドイツの経済動向などに影響される通貨ペアです。
ポンド ボラティリティの大きさが魅力的な通貨です。
豪ドル 高金利通貨の代表通貨です。中国の経済指標でも動きます。
NZドル 豪ドル円と似たような値動きの通貨ペアです。
トルコリラ 高金利通貨を取引するならおすすめの通貨です

FX初心者におすすめの通貨ペアランキング3選

取引量が多く、ボラティリティが安定しているため、初心者におすすめの通貨ペアをランキング形式で紹介します。

ランキング 通貨ペア 取引量
第1位 ドル円 268,068,537
第2位 ユーロ円 17,564,249
第3位 ユーロドル 14,004,764

厳密には、ポンド円2位で豪ドル円が3位となっておりますが、ポンド円はボラティリティが安定しておらず、豪ドル円はレンジになる傾向があるため、初心者にはおすすめしておりません。

X中上級者におすすめの通貨ペアランキング3選

ボラティリティが高く、大きな利益を取りやすいため、中上級者におすすめの通貨ペアをランキング形式で紹介します。

ランキング 通貨ペア ボラティリティ
第1位 ポンド円 42683.4 pips
第2位 ポンド豪ドル 41118.3 pips
第3位 ユーロ豪ドル 35283.7 pips

【取引スタイル別】おすすめのFX会社3選

ここでは、取引スタイル別のおすすめFX会社を紹介します。

スキャルピング:JFX「MATRIX TRADER」

JFXは、究極の進化系システムである「MATRIX TRADER」が使用できるFX会社です。

約定力が99.9%・約定スピードが0.001秒であり、高速売買をする方にはピッタリといえます。

さらに、国内FX会社でも数少ないスキャルピングOKを出しているFX会社のため、安心してスキャルピングを行うことができます。

プラットフォームもMT4を採用しているため、MT4ユーザーには国内FX会社で安全に取引を行えます。

デイトレード:ヒロセ通商「Lion FX」

ヒロセ通商は、4年連続でオリコン顧客満足度調査でFX取引部門で第1位という実績を持ちます。項目別ランキングでは、通貨ペア・発注方法・分析ツール・FX専門業者・スキャルピングで、それぞれ第1位を取得しています。 ※株式会社oricon ME調べ

ヒロセ通商では、FX取引サービス「Lion FX」を提供しており、業界最狭水準のスプレッドで取引を行うことができます。

チャートを切り離しが可能でタブでまとめられたり、ワンクリックで分割画面になったりと、ユーザー目線で開発されており使いやすさが人気の秘訣です。

パソコン版はもちろん、スマホ版・タブレット版と取引ツールも充実しています。そのほかにも、リアルトレードランキングや豪華な食材プレゼントなど、独自サービスにも定評があります。

最高峰の取引とお得なキャンペーンが豊富にあり、FX取引を通じてわくわく感が満載のFX会社です。

スイングトレード・長期取引:みんなのFX

トレイダーズ証券が提供するFX取引サービス「みんなのFX」は、女優の鈴木奈々さんをイメージキャラクターとして起用し、抜群の知名度を誇ります。

特にスワップポイントの高さに定評があり、トルコリラやメキシコペソを取引する方からは人気を集めています。

また自動売買サービス「みんなのシストレ」では、自分の代わりに取引を行ってくれるサービスもあります。

経済ニュースや相場動向など取引に役立つ最新情報も満載であり、スワップ取引を行う方にはピッタリのFX会社です。

まとめ:FX通貨ペア選びは取引レベルに合った選び方がおすすめ

FX通貨ペアは、通貨ペアごとに特徴があるため、取引レベルに合わせて選ばなければ失敗してしまいます。

例えば、ポンド円のようなボラティリティがある通貨ペアを初心者が取引すれば、大きな損失を出すリスクが高くなります。

初心者には初心者の、上級者には上級者に合った通貨ペア選びをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました